Skip to content

ダイビングスクールに通う前にB型肝炎の事を弁護士に相談

B型肝炎ウィルスは血液や体液を通じて感染します。
空気感染や経口感染はしないため、日常生活で他人にウィルスを移して、
感染させてしまう可能性はほとんどありません。
ただし、ダイビングする人は、運動中に擦り傷や切り傷を負ってしまう場合があるので、
この場合は可能な限り、自分で手当てをしなければなりません。
万が一、他人に治療してもらう場合は、相手に血液が付着しないように気をつけなければなりません。
B型肝炎ウィルスに感染した人は、条件を満たしていれば、国から給付金を受け取れる場合があります。
給付金を検討している人は、B型肝炎給付金請求訴訟に対応している弁護士事務所を探し、
B型肝炎の事を弁護士に相談した方が良いです。
給付金を請求するためには、条件を満たしていることを証明する書類が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です