Skip to content

Monthly Archives: 12月 2015

大切なボードや道具たちの為に火災保険?

前回はペット保険についてポストしましたが、今回は火災保険について。
先日友人の隣家が火事で半壊したのだとか。
サーフ道具が置いてある側の隣家で、鎮火するまでは友人もひやひやしっぱなしだったそうです。
火事なんて「対岸の火事」だと思いがちですが、こうして間近で起こる時は本当に突然です。
近年では、異常気象で水害や竜巻などもあります。
自分の財産が自然災害でどうにもならなくなるのは仕方がないことです。
その被害に遭ってしまっては「サーフィン!」なんていえなくなりますが、
「もしも」の時に備えておいた方がサーフィンをするために、早く手直しがきくので、
火災保険も大事かなと思ってしまいました。

ペットと行動をともにするならペット保険です

ダイビングやサーフィンなど海のスポーツをたしなむ人は車で移動することが多いですよね。
道具を考えるとほぼ車といっても過言ではありません。
それと結婚している人に多いんですが大型犬を飼っていて、
一緒に海まで遊びにくることもありますよね。
仲間や家族がいないとペットの面倒をみるのは難しいかもしれませんが、
ペットと行動を共にするならペット保険には入った方が良いですよ。
ペットと暮らす友人たちは100%加入しています。

団体客で倉庫の作業スペースを利用。

スキューバダイビングは、意外というとおかしいかもしれませんが、道具がある程度かさ張ります。
それこそ素潜りであれば、道具は比較的少なく海女さんとなれば、道具すらいらないのですが、
スキューバーはかさ張ります。
まず酸素ボンベとそれを吸うマスク、足ひれ、ウェットスーツなどなど、細かい道具を合わせればもっといきます。
ダイビングスクールなどでは、貸し出しもありますので、
団体客を呼べるところだと倉庫の作業スペースを利用しているところあるくらいです。
とはいえ、いくらかさ張ろうがその魅力には勝らないのですけどね。

初めての中華での個室とスキューバー

先日、友人と中華街に行った際に中華街の個室で食事をしました。
久しぶりの中華ということと、初めての中華での個室ということでいつもより美味しく感じました。
もちろん話題は、スキューバーダイビングの話になって、どこそこが良かったとか、
海中で撮った写真などを見せ比べたりしました。
二人とも都内に住んでいるせいか静岡の比較的近いスポットの話ばかりしましたが、
もちろん中華街ということで江ノ島の話にもなりました。
冬の江ノ島は透明度が高いと言われ、これから絶好のダイビングスポットなんですね。
ただ、二人とも大の寒さ苦手ということ早々に諦めましたけども。